誕生月のお花・花言葉1月~6月

Pocket
LINEで送る




誕生月別のお花・花言葉12選をご紹介

家族やお友達などに感謝の気持ちを伝えたい時、
どうしたら良いか恥ずかしさもあって困りますよね。
そんな折には思いが伝わるお花のプレゼントはいかがでしょうか。





誕生月のお花・花言葉7月~12月は、コチラ

1月の誕生花は水仙(スイセン)

全体の花言葉『自己愛』『自己中心・うぬぼれ』『報われぬ恋
白い水仙:「尊重」「神秘」「自己愛
黄色い水仙:「私のもとへ帰って」「愛に応えて」「気高さ

≪花言葉の由来≫

水仙の花言葉の由来は、ギリシャ神話に登場する
ナルキッソス(ナルシス)という美少年のお話から来ています。
彼はうぬぼれ屋でとっても高慢。
そのことを復讐の女神ネメシスはとても怒ります。
そしてナルキッソスに自分だけしか愛せないという呪いをかけます。
ナルキッソスは水鏡にうつる自分に恋してしまって動けなくなってしまう。
やがては死んでしまって水仙の花になってしまったとさ。

水仙の花は下にうつむくように咲きますが、
彼自身が水鏡にうつる自分の姿にうっとりしている様子からだとされています。

「ナルシスト」という言葉はこの神話から生まれたんですよ。

1月の誕生花は他にも
シンビジウム飾らない心・気取らない心・素朴・高貴な美人」や
福寿草(フクジュソウ)「幸せを招く・幸福・永久の幸福」があります。

2月の誕生花はフリージア

ガーデニングでも人気のある華やかなフリージア。
原産地はアフリカ。
アヤメ科フリージア属の球根植物のひとつ。
秋に球根を植えると春に開花します。
白や黄色の花はキンモクセイのような甘く香しい匂い、
赤・紫系の花はややおとなしめの香りで
甘酸っぱくてフルーティーな感じです。

フリージア全体の花言葉
あどけなさ』『純潔』『親愛の情』『感謝

春の花で花色は白、黄、オレンジ、赤、ピンク、青、紫などがあって
それぞれの色に花言葉があります。

黄色いフリージア:「無邪気」 白いフリージア:「あどけなさ
赤いフリージア「純潔」 紫のフリージア「憧れ

≪花言葉の由来≫

花言葉の「あどけなさ」「純潔」「無邪気」は、
フリージアの明るくてほのぼのとさせてくれるところ、
花の爽やかさや甘酸っぱい香りが
純潔という言葉がぴったりというのが由来となっています。

2月の誕生花は他にも忠実・上品・気品」や
マーガレット恋占い・心に秘めた愛」があります。

3月の誕生花はチューリップ

チューリップの代表的な花言葉は『博愛・思いやり』ですが、
色が変わると意味が全然違うので
プレゼントに使う時はご注意くださいね!

赤色のチューリップの花言葉:「愛の告白
白色のチューリップの花言葉:「失恋」「新しい愛
黄色のチューリップの花言葉:「実らない恋」「正直
ピンク色のチューリップの花言葉:「愛の芽生え」「誠実な愛」「恋する年頃
紫色のチューリップの花言葉:「永遠の愛」「不滅の愛
緑色のチューリップの花言葉:「美しい目
オレンジ色のチューリップの花言葉:「照れ屋
斑入りのチューリップの花言葉:「疑惑の愛

≪花言葉の由来≫

「博愛・思いやり」の場合です。
生産地であるオランダでの古いお話から・・・・。

3人の騎士からの求愛に困惑した美しい少女がいました。
誰をも断る事も出来ず悩んだ結果、 花の女神フローラに頼んで
チューリップに変えてもらった・・・という説が代表的。

3月の誕生花は他にも勿忘草(ワスレナグサ)
私を忘れないで・真の友情・真の愛」や
スイートピーほのかな喜び・繊細」があります。



4月の誕生花は桜(さくら)

桜全体の花言葉は『心の美しさ』『精神の美』『優美な女性
多くの人に好まれている桜。
満開に咲いた花は何とも美しく心がなごみますね。

桜は神話の時代に木之花咲耶姫(このはなさくやひめ)が
富士山頂より種をまいたことで日本に広まったとのこと。

≪花言葉の由来≫

花言葉である「精神の美」・・・・
米国初代大統領ジョージ・ワシントンが幼い頃に
父親が大切にしていた桜の木を誤って切ってしまいました。
それを正直に告白したという話に由来しています。
解りやすく言うと「汚れていない心」というところ。
「優美な女性」は、女性の美しさを桜にたとえたもの。

<桜の俳句>

さまざまの こと思い出す 桜かな(松尾芭蕉)

さくら狩り 美人の腹や 減却す (与謝蕪村)

見かぎりし 故郷の山の 桜哉 (小林一茶)

散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛)

観音の 大悲の桜 咲きにけり (正岡子規)

4月の誕生花は他にも
アルストロメリア未来への憧れ・エキゾチック」や
都忘れ(ミヤコワスレ)「別れ・また会う日まで・短い恋」があります。

5月の誕生花はカーネーション

5月には母の日があるのでカーネーションを贈りますね。
カーネーションが5月の代表的な誕生花というのもうなずけます。
キレイな花で花の色数も多く、花言葉も良い意味が多いです。
5月生まれの人に花束にしてプレゼントすると素敵ですね。

カーネーション全体のの花言葉は『無垢で深い愛』『女性の愛
花の色や品種によって花言葉が違い、赤は「母への愛・熱烈な愛
ピンクは「熱愛・感謝」、白は「純粋な愛・尊敬」などあります。
黄色は「軽蔑・嫉妬」で贈り物には向かないのでご注意を!

≪花言葉の由来≫

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?

1905年のアメリカでのこと
フィラデルフィアに住んでいた少女アンナ・ジャービス。
彼女は実の母が亡くなった時に、
生前の母に感謝の気持ちを伝える日を作るべきだと提案。
このことがやがてアメリカ全土に広まっていきました。

白いカーネーションは、
生前の母お気に入りの白いカーネーションを
アンナが母の日に祭壇に飾ったことに始まる。

「母への愛」を込めて赤いカーネーションを贈り、
「尊敬」の念を持って白い花を飾るって素敵ですよね。

5月の誕生花は他にも鈴蘭(スズラン)「幸福の再来・純粋・愛らしさ」や
アヤメ良き便り・メッセージ・希望」があります。

6月の誕生花は薔薇(バラ)

ギフト用の花として最も有名で人気のある花が薔薇。
その美しさはもちろんのこと、花言葉も多数あります。
主な花言葉をご紹介しますね。

6月が誕生日の人へのお花プレゼントなら、
薔薇の花束をプレゼントすると良いでしょう。

薔薇全体の花言葉は『』『』『幸福』『』『清新

赤い薔薇の花言葉:「あなたを愛しています・愛情・情熱
白い薔薇の花言葉:「純潔・深い尊敬・相思相愛・素朴・約束を守る
ピンクの薔薇の花言葉:「「しとやか・上品・温かい心
オレンジの薔薇の花言葉:「絆(きずな)・信頼・さわやか・愛嬌
青い薔薇の花言葉:「神の祝福・奇跡・夢叶う・喝采・神の祝福
緑の薔薇の花言葉:「穏やか・希望を持ち得る
黄色い薔薇の花言葉:「友情・献身・可憐・あなたを恋します
紫の薔薇の花言葉:「誇り・気品・尊敬・エレガント・王座

≪花言葉の由来≫

古くから西洋では、薔薇(バラ)は美の象徴としていました。
百合(ゆり)の威厳、菫(すみれ)の謙虚さとともに、
これら3つが備わった女性が理想の女性と言われてきました。
薔薇は、美の女神ビーナスの花なんです。

日本には数多くのバラ園があります。
咲き誇った花の姿は圧巻。

男性は女性に愛する気持ちを伝えたり、
美しさを称える時に使いたい花言葉たちですね。

6月の誕生花は他にも紫陽花(あじさい)「移り気・浮気・冷酷」や
(ネガティブなものばかりなので要注意!)
グラジオラスひたむきな愛(ピンク)・情熱的な恋(紫色)」が
あります。



Page Top





Pocket
LINEで送る