今日1月31日の誕生日花は「マンサク」

花言葉:「呪文」「魔力」「霊感

マンサク科 / マンサク属
和名:マンサク(満作、万作)
原産地:日本・中国
開花期:2月~3月
花色:赤,オレンジ,黄,茶

マンサクは冬の気配が残る野山などで、
木々の芽吹きも始まらない季節に黄色の花を咲かせます。
それは早々に春の訪れを告げることに他なりません。

その昔東北地方ではこの花の咲き具合で作況を占っていたそうな。
またアメリカ先住民もアメリカマンサクの枝を占い棒として
使用していたそうです。



今日1月30日の誕生日花は「ムスカリ」

花言葉:「寛大な愛」「失望」「明るい未来

キジカクシ科 / ムスカリ属
原産地:地中海沿岸地方、西アジア
開花期:3月~5月中旬
花色:青,紫,白,黄,ピンク

ムスカリは鮮やかな青紫色の花が春の花壇を彩ります。
チューリップなど他の花を引き立てる名わき役でもあります。

英名ではグレープヒヤシンスと呼ばれ、
ブドウのような青紫色の花を咲かせるムスカリ。
花言葉では紫色が悲しみのシンボルになることが多い。

ギリシア神話で大量の血を流して死んでしまった美少年
ヒュアキントスのその血から紫のヒヤシンスの花が咲いたそうで、
紫のヒヤシンスは悲しみのシンボルといわれるようになりました。



今日1月29日の誕生日花は「ラナンキュラス」

花言葉:「とても魅力的」「晴れやかな魅力」「光輝を放つ

キンポウゲ科 / キンポウゲ(ラナンキュラス)属
和名:ハナキンポウゲ(花金鳳花)
原産地:中近東からヨーロッパ南東部
開花期:3月~5月
花色:黄,白,赤,ピンク,複色,紫,緑,オレンジ

花名のラナンキュラスは、原種が湿地を好み、
葉の形がカエルの足に似ていることから
ラテン語の「rana (カエル)」を語源としています。
花は豊富な色と幾重にも重なりあったボリュームのあるもの。
原種は5弁の黄色い花で、こんもりと金色に輝くその姿から
英語の別名バターカップ(Buttercup)もあります。



今日1月28日の誕生日花は「カタクリ(片栗)」

花言葉:「初恋」「寂しさに耐える」「嫉妬

ユリ科カタクリ属
原産地:ヨーロッパ
開花時期:3月、4月
花色:紫

花言葉の「初恋」は、うつむいて咲くその花姿から、
恥じらいにより自分の気持ちをうまく伝えられない、
切ない初恋の気持ちを連想したものだそうです。。
「寂しさに耐える」の花言葉もうつむいて咲く姿から。



今日1月27日の誕生日花は「ヘリオトロープ」

花言葉:「献身的な愛」「熱望」「永遠の愛

科名 / 属名:ムラサキ科 / キダチルリソウ属
原産地:世界の熱帯および温帯域
開花期:4月下旬~10月上旬
花色:紫,白

ヘリオトロープはハーブとしてよく知られていて
花はバニラに似た甘い香りを放ちます。
花から抽出した精油が香水の原料になるんですよ。

花言葉はギリシャ神話の悲話も関係しています。



今日1月26日の誕生日花は「オジギソウ(お辞儀草)」

花言葉:「敏感」「繊細な感情」「感じやすい心

マメ科
原産地:ブラジル
開花期:7月~9月
花色:ピンクなど

花言葉の由来は、オジギソウの葉に軽く触れるだけで、
葉が閉じ垂れ下がってしまうことからきています。

触れるとと小さな葉がぴたりと閉じ合わさって
葉の軸の付け根からかくんと下向きに折れるなんて面白いですね。



今日1月25日の誕生日花は「ハコベ」

花言葉:「ランデブー」「愛らしい

ナデシコ科ハコベ属
原産地:中国
開花期:3~9月

ハコベは花が春から秋にかけて小さな白い可愛らしい花が咲きます。
細い花びらが10枚あるように見えますが、
これは5枚の花びらがそれぞれ2つに深く裂けているため。

春の七草の一つで、葉を小鳥や兎のえさなどにする。
別名を小繁縷(コハコベ)といいます。



今日1月24日の誕生日花は「フリージア」

フリージア全体の花言葉
あどけなさ」「純潔」「親愛の情」「感謝

アヤメ科フリージア属
原産地:アフリカ
開花期:3月中旬~5月上旬
花色:白、黄、オレンジ、赤、ピンク、青、紫

花言葉の「あどけなさ」「純潔」「無邪気」は、
フリージアの明るくてほのぼのとさせてくれるところ、
花の爽やかさや甘酸っぱい香りが
純潔という言葉がぴったりというのが由来となっています。



今日1月23日の誕生日花は「アイスランドポピー」

花言葉:「慰め」「忍耐」「気高い精神

ケシ科ケシ属
原産国:シベリアから極東
花期:3月~5月
花色:赤、オレンジ、黄色、白、ピンク

花期になると株元から多数の花茎を伸ばし、
頂部に花径6~10㎝程度の花を一輪咲かせます。

花言葉は花の色や花の形や花の香り等をイメージした言葉。
古来より神話・民話・伝説等の花に込められた感情を
反映させた言葉が多いのが特徴。
日本の場合は万葉集・和歌・日本書紀等を参考にしたとのこと。



今日1月22日の誕生日花は「アネモネ」

花言葉:「はかない希望」「恋の苦しみ」「期待

キンポウゲ科 / イチリンソウ属(アネモネ属)
原産地:ヨーロッパ南部~地中海東部沿岸地域
開花期:2月~5月
花色:白,赤,ピンク,青,紫,複色

花言葉は、
見た目の花にはふさわしくない感じがしますよね。
これらの哀しいイメージの花言葉はギリシア神話からの
由来によるものです。
またヨーロッパではアネモネが美しさと儚さの象徴と
されていることにも関係があるようです。